top of page
検索

ラボラトリーグロウンダイヤモンドの名称に対するフランス当局の見解



フランス当局は「ラボグロウンダイヤモンド」の名称を禁止し「合成ダイヤモンド」のみを認めると述べました。


フランス競争・消費・不正抑止総局(DGCCRF)は、人工宝石と真珠に関する2002年1月の最初の決定を再確認しており、この法令では、「物理的、化学的性質、結晶構造が本質的に同一な天然石のものに対応する」石に対しての唯一の許容可能な修飾子が『合成』であるとしています。


フランス国内では「diamant de synthese(合成ダイヤモンド)」または「synthetique(合成)」の名称しか使用できず、「diamant de laboratoire(ラボグロウンダイヤモンド)」と「diamant de culture(養殖ダイヤモンド)」の名称は禁止されているということです。


この法令はフランス国内を対象としており、フランスの小売業者はラボグロウンダイヤモンドを「合成」として表示し、「ラボグロウンダイヤモンド」という用語をフランス国外での販売と広告にのみ許可しています。


2022年にフランスのラボグロウンダイヤモンド販売会社は、フランス経済・財務・復興省に、ラボグロウンという用語の使用を許可するようにルール変更を求めましたが、同省は業界との協議の後、昨年10月にルールを変更しないことを決定しました。


同省はアンケートに回答した人々に対し「多くの方々(業界連盟を含む40人ほど)が我々のアンケートに回答したことに感謝します。」とメールを送り、また「受け取った回答の分析は、大多数の業界の方々が(2002年の)法令を維持することに賛成していることを示しています。」と述べました。


フランスのジュエリー組織であるUFBJOPはこのアンケートに回答した組織の一つであり、合成ダイヤモンドが「消費者が理解できる明確な用語だ」と主張しています。


「25歳以上の1,000人以上のフランス人を対象とした調査では、フランス人の83%が合成ダイヤモンドの定義を答えることができ、主に人工石として説明できたことが明らかになりました。」とUFBJOPは述べ、「質問を受けた人々の90%は、これらの石が地球から採掘されていないことを理解していた。」と付け加えました。


しかしこの既存の法令がある中でも、フランスのヴァンドーム広場に小売店を構える「クールベ」や、LVMH傘下のフランスのジュエリーブランドである「FRED」など、ラボグロウンダイヤモンドを販売するジュエラーではフランス国内で「ラボグロウンダイヤモンド」の名称が使用されています。


この名称に関するスタンスは、フランス政府と米国政府で明らかに異なっています。アメリカの連邦取引委員会(FTC)は2018年に、ラボグロウンダイヤモンドに使用する推奨用語のリストから「Synthetic(合成)」を削除しました。これは、「合成」という名称が消費者に対して、ラボグロウンダイヤモンドがキュービックジルコニアなど、「ダイヤモンドではない類似石」だと誤解を与える可能性があるためです。


この件で理解できる事実は、ラボグロウンダイヤモンドに対してそれぞれがどのようなスタンスを取っているかということが、名称の判断に大きな影響を与えているということです。ラボグロウンダイヤモンドを扱っている小売企業やブランドで「合成ダイヤモンド」の名称を使用しているケースはほとんど存在しません。(デビアスのブランド、LIGHTBOXですら、Lab Grownの名称を採用しています。)一方で、ラボグロウンダイヤモンドを扱っていない企業や団体は「合成ダイヤモンド」の名称を推奨しようとします。


「合成」の名称は「合成皮革」「合成繊維」など天然の何かに似せて作られた擬似物質に対して使用されることが一般的であり、そのほとんどは元の天然の物質とは化学的に異なるものです。またそれに伴い「合成」には一定のイメージが定着していると言えます。


つまり、この人工的な環境で成長したダイヤモンドに対してどの名称を求めるかと言うことは、このダイヤモンドをどのポジションに置きたいと考えているかと言い換えられます。


当協会はラボグロウンダイヤモンドの市場発展を推進する立場として、また消費者保護の観点からも「ラボラトリーグロウンダイヤモンド」及び「ラボグロウンダイヤモンド」の名称の使用を継続して推奨致します。消費者の立場に立って考慮しても、自分が購入した商品が「合成品」であると宣言したい人は非常に少ないでしょう。


世界中のラボグロウンダイヤモンドブランド及びラボグロウンダイヤモンドを取扱う小売企業は現在でも大多数が「ラボグロウンダイヤモンド」の名称を使用しています。また、権威のあるダイヤモンド鑑定機関、GIA、IGI、HRD、GCALなどはレポートの名称に「Laboratory Grown Diamond(ラボラトリーグロウンダイヤモンド)」を使用していることも付け加えておきます。





Komentarze


bottom of page