top of page
検索

フレッドがブルーラボグロウンダイヤモンドを使用したコレクションを発売


ラグジュアリーブランドコングロマリットであるLVMHに属するフランスのブランド、フレッドは、天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドを組み合わせた限定コレクションを発表した。

パリのメゾンであるフレッドが新ラインの一部として発表したジュエリーはわずか4点で、それぞれのジュエリーにはブランド独自のフレッド・ヒーロー・カットの0.50ctのブルーラボグロウンダイヤモンドが含まれている、と火曜日に発表した。また同じカラーとカットの8.88ctsのラボグロウンダイヤモンドも発表している。

フレッド・オーダシャス・ブルーと名付けられた5つのダイヤモンドはすべて、ファンシーヴィヴィッドグリーニッシュブルーで、VS以上のクラリティを持ち、GIAのグレーディングレポートが付けられている。ジュエリーコレクションはHaute Joaillerie Force 10 Dualityと呼ばれ、ラボグロウンダイヤモンドとホワイトの天然ダイヤモンドの組み合わせとなっている。

同コレクションのインスピレーションとなったのは、2006年に亡くなった同社の創設者フレッド・サミュエルだが、その「大胆な精神」は今でもブランドに影響を与えており、一石8.88ctsのダイヤモンドはサミュエルの人生に敬意を表していると同社は述べている。サミュエルは1908 年8月に生まれ、パリ8区に最初の店をオープンした。

同社は、「フレッド・サミュエルの足跡をたどり、未来に目を向け、メゾンはその伝統に大胆で新たなイノベーションを加えている。そうすることで、ブルーラボグロウンダイヤモンドに『フレッドのハイジュエリーの世界における新しい場所』を与えている」と述べた。

昨年、LVMHラグジュアリー・ベンチャーズはイスラエルに本拠を置くラボグロウン生産者であるルシックスに投資している。

Comments


bottom of page