top of page
検索

なぜラボグロウンダイヤモンドの売上が急増しているのか - NEWS NATION



アメリカの大手ケーブルテレビチャンネルであるNEWS NATIONは「Why are lab-grown diamond surging and popularity? (ラボグロウンダイヤモンドの人気が急上昇しているのは何故か?)」という番組を放送しました。


天然ダイヤモンドは愛とコミットメントの象徴でしたが、ラボグロウンダイヤモンドの台頭に伴い、予算内でジュエリーを購入しようとするカップルのための新しい選択肢となりました。


このラボグロウンダイヤモンドの傾向は、ニューヨークのダイヤモンドディストリクトまでは及んでいませんが、それでも店主たちは、これらラボグロウンダイヤモンドの人気が高まっているため、ここにも着実に近づいていると信じています。


ニューヨークに拠点を置くダイヤモンド業界アナリストであるポール・ジムニスキーの分析によると、ラボグロウンダイヤモンドジュエリーの世界売上高は2022年に120億ドル近くに達し、2016年の10億ドル未満から大幅に増加しています。


カラー、クラリティ、カットなどにおいてラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドを区別することは、一般的に不可能です。


ラボグロウンダイヤモンドは、(HPHT法の場合)高温と高圧を使用して施設で成長し、その後カットされます。天然ダイヤモンドと同じ化学的、物理的、光学的特性を有し、同じ輝きを持ちます。天然ダイヤモンドのような長期的な価値保有がラボグロウンダイヤモンドにはないものの、ラボグロウンダイヤモンドの価格は天然ダイヤモンドより大幅に低く、50%またはそれ以下になります。


たとえば、1.25カラットの天然ダイヤモンドは約10,000ドルですが、同じ金額で同じ外観を持つラボグロウンダイヤモンドでは3.5カラットを購入できます。


ZaleやKay Jewelersなどのバナーを持つ北米最大のダイヤモンドジュエリー小売業者であるシグネット・ジュエラーズは2022年からラボグロウンダイヤモンドの販売を開始しました。またジュエリー大手のパンドラは、ラボグロウンダイヤモンドジュエリーのラインを販売しています。世界最大の小売業者であるウォルマートは現在、ラボグロウンダイヤモンドを販売しています。


一部のジュエラーは、ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの両方を提供しており、ジュエリーの専門家は、これは顧客が両方の価格と外観を比較できるため有利である可能性があることを示唆しています。

bottom of page