top of page
検索

プラダがラボグロウンダイヤモンドのジュエリーを発表



イタリアのラグジュアリーファッションブランドである「PRADA」(プラダ)は、今週火曜日にラボグロウンダイヤモンドを使用した初のジュエリーコレクションを発表しました。


これらはプラダのロゴを模した三角形のイヤリング、頭部にダイヤモンドをセッティングしたヘビをモチーフとしたリング、そして全周にダイヤモンドがちりばめられた重量感のあるゴールドのネックレスとなっており、それぞれのジュエリーにはプラダのブランドロゴをモチーフにした三角形の「プラダカット」ラボグロウンダイヤモンドが使用されています。


プラダは昨年10月に初めてゴールドファインジュエリーを導入し、リサイクルゴールドを100%使用した初のラグジュアリーブランドになったと発表しました。今回のラボグロウンダイヤモンドの導入は、プラダのサスティナビリティを促進する動きの一環とも考えられています。


プラダの企業社会責任の責任者であるロレンツォ・ベルテッリは「ラボグロウンダイヤモンド市場への参入は、革新的な素材と、プロセスを通じて製品を再考するというプラダの創造哲学の一部だ。」と語っています。


また、プラダのジュエリーディレクター、ティモシー・イワタは、「ラボグロウンダイヤモンドは、自然界で起こることを単に短期間で再現するだけではありません。ラボグロウンダイヤモンドの可用性の1つはダイヤモンドのカットの可能性を広げること、2つは高級素材という概念の限界を押し広げるということです。既存のマテリアルをカスタマイズするということだけではなく、私たちは顧客のためにその素材の可能性を広げていきます。」と述べました。


多くの市場リサーチは、ラボグロウンダイヤモンドに関する消費者の認識が変化していることを示唆しており、ティモシー・イワタは、ミレニアル世代の70%がラボグロウンダイヤモンドの購入を検討すると報じた2020年のBBCの記事を引用しました。また有名なファッションメディアであるVOGUEでさえラボグロウンダイヤモンドについてのガイドを掲載しています。



プラダの観点として、ラボグロウンダイヤモンドの採用は天然ダイヤモンドとの対立構造によるものではなく、天然ダイヤモンドでは難しいことが、ラボグロウンダイヤモンドによって何が可能になるのかを再考することだといいます。


ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドでは不可能なレベルの生産コントロールを可能にするたね、「ダイヤモンドを成長させる前に、正確なサイズ、正確なクラリティとカラーをシミュレートして計算できる」とティモシー・イワタは説明しました。また、プラダはベルギーのアントワープのマスターカッターと協力して、ブランドのロゴをモチーフにした三角形のダイヤモンド「プラダカット」を開発しました。


「試行錯誤をしてこのカットを完成させることは、天然ダイヤモンドを使用した場合法外に高価になったでしょう。」とティモシー・イワタは語っています。ラボグロウンダイヤモンドによりリーズナブルな価格で安定してダイヤモンドを製造することによって、プラダは今回のネックレスを制作することができたと言います。


合計40ctのダイヤモンドを使用し、装着時には正面から見えない後ろ側までダイヤモンドがセッティングされたこのネックレスは、天然ダイヤモンドで制作した場合100万ドルをはるかに超える価格になりますが、ラボグロウンダイヤモンドを使用しているため約274,500ドルの価格を可能にしたとプラダは述べます。



プラダにとって、ラボグロウンダイヤモンドの導入は、何がファッションを「ラグジュアリー」にするのかという思い込みを覆すというメゾンの長い歴史の新たな一章です。このステートメントは、1990年代にミウッチャ・プラダがナイロンハンドバッグを発表したときに初めて明確になりました。


ナイロン素材はレザーやスエードと同等の素材とみなされる可能性を秘めていました。ミウッチャ・プラダとその夫は数十年に渡りこうした革新を通じてブランドを率いてきましたが、つい最近になって退任しました。ミウッチャ・プラダは現在、クリエイティブ・ディレクターの役割をラフ・シモンズと共有していますが、パトリツィオ・ベルテッリとミウッチャ・プラダは1月に共同CEOを退任しています。アンドレア・ゲッラがその後任に任命されましたが、この流れはロレンツォ・ベルテッリが最終的にリーダーとなるためのステップだと考えられています。


NFT、ブロックチェーン、サステナビリティ、そしてラグジュアリー体験としてのメイクアップなど、プラダを21世紀のラグジュアリーの様々な可能性へと引きずり込んだ多くのプロジェクトの背後にいるのはロレンツォ・ベルテッリです。これらのビジネスは記録的な成功を収めており、2022年の収益は 40億ユーロ超、前年比20%以上の増加となっています。


プラダが浸透を目指しているのは次世代だと言います。ティモシー・イワタは次のように語リマした。「テニスブレスレットがかつて高級ジュエリーの入り口だったとしたら、現在の若い消費者はオンラインでの交流に多くの時間を費やしているため、イヤリングやネックレスなどの顔を彩るアイテムにより興味を持っています。宝飾業界が生き残るためには、ジュエラーはラボグロウンダイヤモンドを受け入れる必要があるでしょう。」



Z世代がこの製品をどのように受け取るかを判断するのは時期尚早です。しかし10月初旬のパリでのプラダブティックでは、プラダのクロスボディナイロンバッグを身に着けた20代のドイツ人女性2人がジュエリーカウンターを覗いている様子が見られました。彼女たちはゴールドジュエリーのルックブックをめくり、三角形のプラダロゴモチーフの5,500ドルのイヤリングを見て、感嘆して手を止めました。店員は「これが最後の在庫です」と言いながら、彼女に試着のためにイヤリングを手渡し「でも、また別のコレクションが登場する予定です。」と告げると、女性は悩ましいという表情で声を上げたということです。


またプラダは、年末までにすべてのラグジュアリージュエリーコレクションにラボグロウンダイヤモンドを使用することを計画していると述べています。





Comments


bottom of page