top of page
検索

デビアスはラボグロウンダイヤモンドの定額料金を維持


デビアスは、ラボグロウンダイヤモンドのエンゲージメントリングテストにおける様々な価格の実験を受け、ライトボックスジュエリーでのラボグロウンダイヤモンドの直線的な価格体系を維持する。


同社は、通常のラボグロウンダイヤモンドジュエリーラインとして1ctあたり800ドル(プラスジュエリー制作コスト)、ハイエンドコレクションでは1ctあたり1,500ドル(プラスジュエリー制作コスト)の価格設定を実施し、今年6月にラボグロウンダイヤモンドの絵ンゲージメントリングコレクションをデビューさせた。これらの製品については、非線形の価格設定を導入したが、消費者からは否定的な反応を受けたと同社はラパポートに語った。


「トライアル販売で価格が3,000ドルを超えると、ダイヤモンドの婚約指輪の魅力が少なくなり、その価格以下では明らかに利益を作るのが難しくなることが明らかだった。」と、デビアスのエグゼクティブバイスプレジデント兼チーフブランド責任者であるデビッド・プラガーは述べている。「私たちが非常に明確に見たのは、これは消費者が積極的に反応するものではないということだった。彼らは直線的な価格設定を好んだ。それはシンプルであり、なぜ直線的な価格設定が高い価格帯で壊れるのか理解できなかった。したがって、私たちにとって直線的な価格設定はブランドの中核であり続けるだろう。」と述べた。


プラガーはまた、デビアスはテストフェーズの後、ブライダルの分野で前進する計画がないと強調した。彼は、2018年のライトボックスの発売がラボグロウンダイヤモンドセクターの正当性が認められたという考えも否定した。


「デビアスがこのカテゴリーに参入したことにより、それが正当化されたという考えがあると聞いた。」と彼は述べ、「私は完全にそれを否定する。人々はラボグロウンダイヤモンドを売買しているが、我々のラボグロウンダイヤモンドエンゲージメントリングのトライアルは、私たちの提案に対する消費者の反応をテストし、これが長期的な持続可能性を持っているかどうかを自分たちのデータを通して判断することだった。そして、私たちにとってそれはそうではない。私たちにとって、天然ダイヤモンドのカテゴリーをサポートする方法でそのブランドを投資し、構築するためのはるかに良い方法がある。」と述べた。


またこれとは別に、同社は2000万ドルを天然ダイヤモンドの広告に投資し、米国で11月からクリスマスまで、そして中国で独身の日と旧正月の間に実行される新しいキャンペーンで天然ダイヤモンドをプロモーションするという。マーケティングでは、米国では男女比が70%、中国では50%が女性に偏るだろうとプラガーは説明した。デビアスは、文化、ファッション、スタイルのインフルエンサーと協力して、天然ダイヤモンドを宣伝するという。

Комментарии


bottom of page